病院付き添いサポート+おすすめトリートメント

季節の変わり目、ボルドーも急に寒くなりましたね。

早速私も毎年のことですが、アレルギーで鼻が出てきました(><;)

留学サポートでは日本人学生さんに、万が一病気の際に病院付き添い通訳を行っています。


このサービスを皆様に広めようと思ったきっかけをお話しようと思います。


昨年、ボランティアにきてくれていた日本人学生さんが、道でこけて怪我をしていたのですが、言葉の壁もあり一人で病院に行くのをためらっていて、一ヵ月ほど経ったのち私に相談してくれたのですが、その時にはかなり化膿していて酷い状態になっていたのです。


その後一緒に病院へ行き、処方された治療用絆創膏をしたらすぐに改善したのですが、こういった不安を持って病院になかなか行けない学生さんの力になりたいという思いから、このサポートを広めようと思ったのです。


日本から保険に入っている場合は通訳代もカバーされますし、私自身、お役にたてることが嬉しいので、皆さまも遠慮なくお問い合わせ下さい!


ちなみに私は渡仏した年の冬、すごく病気にかかりました(++;)


そのとき医師から言われたのが、今までフランスで過ごしていないから、フランスの病気(菌?)に対する耐性がなく、みんなが子供の時にかかってきているような病気にかかるんだよ~と言われ、おぉなるほどそうか!と発見でした。


また、不思議なことに、日本から持ってきた薬が、なぜかフランスの病気に効かないことがあります。数日飲んで改善されない場合は、酷くなる前に病院へ行くことを考えましょう。


薬にしても、シャンプートリートメントにしても、日本では愛用していて効果があると思っていたものが、フランスで使うと微妙に効果が得られなかったりします。


シャンプー&トリートメントにしては、こちらが硬水だからなのか、渡仏当時は髪がパサパサになり焦りましたが、フランスで売っているものに変えて改善しました。

やはりその土地にあったものを使うのが大事かもしれませんね?!


シャンプートリートメント、おススメご紹介しておきます。

左のschwarzkopfのトリートメントはすごく効果あり、お気に入りです。普通のスーパーで6ユーロぐらいで買えます。

シャンプーはケラスターゼ(美容院で販売)がベストですがお高いので、節約中はロレアルのELSEVEです。個人的にはこれもパサパサになりにくい気がしています。

それでは皆さま、くれぐれも風邪などにはお気をつけて^^



★ボルドー留学中に病気やお怪我でお困りの際は、一人で悩まず、病院付き添いサービスをぜひご利用下さい!

ボルドー留学サポート

ボルドーに留学また駐在されている方に、病院付き添いやアパート仲介など生活サポート。 またボルドー大学で日本語を学んでいるフランス人学生と交流の場を設けています。 皆様に素敵な出会いがありますように!